医療関係者の方へ病棟案内 > 10病棟

10病棟 医療観察法病棟

10病棟では、鳥取県内で唯一・山陰地方でも唯一の医療観察法病床を平成22年5月に開床しました。
平成25年2月には、病床数が8床から17床に増床された新病棟に移転し、整備された治療環境の中で日々、対象者と共に、社会復帰に向けた治療に取り組んでいます。

カンファレンス風景 多職種カンファレンス風景医療観察法制度が成立し10年が経過する中で、我が国ではその制度や治療ついて多くの見直しが行われてきました。当センターにおいても、対象行為となる事件を起こした対象者に治療を提供する中で、私達医療者側も被害者の方や家族の思いを想像し、医療者としての社会的な責任についても重く受けとめ、再犯防止のためのプログラムを、対象者を中心にチームが一丸となって取り組み、支援を行っています。

ベンチと野菜のある風景 みんなの農園プログラムスタッフステーション内では、多職種間との連携を図りながら、日々、カンファレンスを行っています。
医療観察法の特徴である多職種チーム医療
(医師、看護師、心理士、作業療法士、精神保健福祉士)では、各職種の専門分野領域の治療が円滑に行われるように職種間のコミュニケーションを積極的にとることを心がけています。

パラレルスポーツを行う利用者さんたち パラレルスポーツプログラム病棟施設内には、作業療法室や、集団療法室、屋内スポーツ場を設置しており、治療とともに対象者の社会復帰に向けた生活訓練や職業訓練、体力の向上に取り組んでいます。