医療関係者の方へ病棟案内 > 3病棟

3病棟 重症心身障がい児(者)病棟

重症心身障がい児(者)病棟です。
患者さんの年齢は、6歳~71歳と幅広く、18名の人工呼吸器装着の患者さんが入院しています。
他院のNICUから、医療ケアの必要な小児を受け入れる後方支援病棟としての役割を果たしています。こまやかな観察力と熟練した技術で体調管理を行いながら、気分転換・発達支援の目的で、週3回の療育活動を行っています。人工呼吸器装着の方も車いすに移り、病棟療育に参加しています。 多職種(看護師、療養介助専門員、看護助手、児童指導員、保育士、理学療法士)で関わっています。

3病棟の様子