採用情報先輩からのメッセージ

臨床研究コーディネーター(CRC)

高橋 晃(副看護師長)

出身校:米子医療センター附属看護学校

臨床研究コーディネーターとは治験がスムーズに進行できるよう、被験者の心理的なサポートをしたり、治験チーム内の調整役を担います。患者さんの思いを引き出しつつ支援す るということは、看護師としての強みを活かせる部分も多く、とてもやりがいを感じることができます。
新しい薬の誕生というのは医療の発展に繋がるだけでなく、患者さんにとって希望の光となり得るものだと私は思います。未来の患者さんの笑顔の為に、一緒に働いてみませんか?

プリセプターナース

藤川 華鈴

出身校:鳥取県立看護専門学校

私はプリセプターとして新人看護師のサポーターをしています。私が新人の時は、何を行うにも初めてのことばかりで毎日不安でいっぱいでした。そんなとき先輩方に話を聞いても らい、少しずつ自信をつけて仕事をすることができるようになりました。新人看護師は、不安や悩み事があると思いますが、安心して働けるようにサポートしていきます。一緒に頑張っていきましょう。

支援(モデル)ナース

長谷川 愛理

出身校:京都医療センター附属看護助産学校

私が支援ナースとして新人指導を行って3年目にな ります。新人看護師は、受け持ちたい患者さんがいれ ば希望を声に出し、経験のない看護技術があれば見学したりと積極的に取 り組んでいます。また、昨年度私が指導した新人看護師が今年度の新人看 護師を指導している姿を見ると大きな成長と喜びを感じることができまし た。そんな新人看護師たちの個々のペースに合わせ、これからも一歩一歩 一緒に成長できるよう支援していきたいと思います。

卒後4年目看護師

森田 佑介

出身校:吉備国際大学

私は、以前急性期病院で勤務していました。しかし、もっと患者さんとしっかり関われる慢性期での看護が したいという気持ちで鳥取医療センターに就職を決めました。現在は神経難病病棟に配属になり、長期の治療・リハビリテーションを受けながら生活している患者さんのケアを行っています。周りの人々の協力を得ながら患者さんに合った適切なケアが続けられるように頑張っています。また文字盤を使用しての会話の難しさも感じつつ、患者さんの不安・考えなど心理的側面を患者さんの立場になって考えられる看護にやりがいを持って働いています。

卒後2年目看護師

石川 杏子

出身校:島根県立大学

私は、神経難病病棟で勤務しています。主にALSなどの難病で人工呼吸器を装着している患者さんが入院しておられ、多くのことを学んでいます。患者さんの立場に立って看護する にはどうしたら良いか模索しながら日々頑張っています。
今後は、疾患や人工呼吸器管理についてもっと勉強し、患者さんの身体的・精神的・社会的苦痛を受け止め、対応できる看護師になることを目標としています。

新人看護師

宮本 愛未

出身校:鳥取県立看護専門学校

私は4月から回復期リハビリテーション病棟に勤務しています。脳血管疾患や骨折などの術後の患者さんが多く、在宅復帰を目標に身体機能の回復や日常生活に必要な動作の向上を図る支援を中心に行っています。入院してから生活の中で出来ることが 増え、笑顔で退院される姿に、とてもやりがいを感じます。今は、知識技術ともに未熟な部分が多いですが、先輩方の支援のもと看護の意味を考えながら成長できるように働いています。患者さんの思いを受け止め、ひとつひとつ丁寧に応え寄り添える看護師をめざしています。

新人看護師

市村 柚子

出身校:日本赤十字九州国際看護大学

私は4月から結核・一般病棟で勤務しています。慢性疾患を抱えた患者さんのリハビリテーションや急性増悪に対する治療・看護を行っています。幅広い知識や技術が求められ慣れない環境の中で不安なことがありますが、先輩方の丁寧な指導のもと、少 しずつ自信をもってできることが増えています。ケアによって患者さんの喜びと安らぎを共有する瞬間にやりがいを感じます。これからも患者さんにとってより良い看護を提供できるように、日々の看護実践の振り返りや定期的に行われる勉強会、研修への参加を通して専門性を高めながら、頑張っています。