診療科・部門のご案内 各部門 > 療育指導室

療育指導室について

当院には重度の知的障害と重度の身体障害が重複した重症心身障害児(者)の方々が入院されており、3つの重症心身障害病棟(計160床)に分かれ長期療養生活を送られています。

療育指導室は重症心身障害児(者)の方々の日常生活指導を中心に、福祉・教育・心理・保育の側面から患者さんの生活の質の向上を目的に支援を行っています。

職員構成は療育指導科長1名(併)、主任児童指導員1名、主任保育士1名、児童指導員2名、保育士5名の計10名です。

療育活動

下記は週間プログラムで、様々な内容の療育活動を設定しています。患者さんのニーズにあった療育活動に参加し、楽しく充実した毎日が過ごせるよう努めています。

週間プログラム

 
10:15-11:30 シーズンズ
個別療育
音楽クラブ
ぽかぽか
スヌーズレン
ぽかぽか
スヌーズレン
シーズンズ
おしゃれクラブ
個別療育
13:30-14:45 スヌーズレン
ぽかぽか
個別療育
病棟療育
行事
会議等
おしゃれ
ぽかぽか
個別療育
病棟療育
行事
会議等
シーズンズ
ぽかぽか
15:00-16:15 わ~るど・ツアー
ぽかぽか
シーズンズ
個別療育
音楽クラブ
ぽかぽか

グループ療育

グループ療育はそれぞれの目的をもつグループ(5~10名)に分かれ病棟間の交流も含め実施していきます。

【シーズンズ】

いろいろな感覚を通して季節を感じられる時間を過ごす。

【スヌーズレン】

いろいろな刺激を感じられる環境の中で、リラックスした時間を過ごす。

【ぽかぽか】

外気にふれる心地よさや、人と人との関わりの楽しさを感じる。

【わ~るど・ツアー】

世界を旅行する気分を味わい楽しいひと時を過ごす。

【音楽クラブ】

色々な楽器に触れたり歌を歌ったりすることで音楽を楽しむ。

【おしゃれ】

おしゃれを通して自分を表現することや人と人との関わりを楽しむ。

病棟療育

病棟療育は「特に医療的なケアが必要な方」が多く入院されている病棟では外気浴や製作活動、スヌーズレンなど様々な活動を児童指導員、保育士をはじめ看護師や療養介助専門が連携して行っています。また、その他の病棟では離床や活動時間の増加を図るためにデイルームや病室を訪問して様々な活動を行っています。

個別療育

未就学児童や患者さんのニーズに合わせて、絵本の読み聞かせやDVD鑑賞、買い物など様々な活動を個別で行っています。

年間行事

行事は療育指導室が中心となり計画・実施しています。
院内行事は、季節を感じたり、味覚を楽しんだりするお楽しみ行事を病棟や栄養管理室と協力して企画しています。院外行事は、少人数でグループを作り、それぞれ患者さんのニーズにあった場所を選択し出かけています。
敷地内行事はボランティアの方々に協力をして頂きながら催しを楽しめるよう企画しています。

《院内行事》

開催月 行事 開催月 行事
7月
  • 七夕会
1月
  • 新年お祝い会
9月
  • 成人を祝う会
2月
  • 節分会
  • お楽しみ会(4病棟)
11月
  • お楽しみ会(3病棟)
3月
  • お楽しみ会(5病棟)
12月
  • クリスマス会

《院外行事》

開催月 行事 開催月 行事
4月
  • わらべ館
  • わらべ館(唱歌教室)
7月
  • 砂の美術館
5月
  • 山陰海岸ジオパーク
  • 真教寺公園
  • 出合いの森
  • 出合いの森
  • 鳥取砂丘みはらしの丘 (外食あり)
    11:00~13:30
  • 鳥取空港
8月
  • 鳥の劇場
  • 山陰海岸ジオパーク
9月
  • イオン鳥取北店 (外食あり)
    11:00~14:00
  • 鹿野城跡公園
  • イオン鳥取北店
    14:00~16:15
  • 鹿野城跡公園
6月
  • 鳥取空港
  • 真教寺公園
  • 真教寺公園
  • 鹿野城跡公園
  • カラオケ
  • 消防署
10月
  • 鳥取砂丘みはらしの丘
  • 砂の美術館
  • あやめ池
    13:30~16:15
  • あやめ池
    13:30~16:15
  • 樗谿公園
  • イオン鳥取北
    14:00~16:15  

※その他の外出については14:00~16:00で計画しています。

《敷地内行事》

開催月 行事
7月
  • 二胡
  • 音楽演奏会
  • とうふるーと
8月
  • 電子紙芝居
  • フルート演奏会
  • 絵本の朗読会
  • オカリナ演奏会
11月
  • わらべ歌
  • 真教寺公園の風景
    【真教寺公園】
  • 音楽演奏会の風景
    【音楽演奏会】
  • 節分会
    【節分会】

外来検査

小児科外来の心理検査を児童指導員が担当しています。主に、児童の学習指導・進学・学級編成・進路などの判定資料の一助を担っています。

ボランティア

長年にわたりボランティアの受け入れを行っています。行事のお手伝い・車椅子介助・演奏会など、内容も様々ですが、患者さんにとっては、たくさんの方と触れ合うチャンスであり、楽しい一時が過ごせる時間になっています。

外部との連携

都道府県、市町村、相談支援事業所等、当院を利用するのに必要な障害福祉サービスに関わる連絡調整や調査対応を行っています。また、病院内に併設されている白兎養護学校訪問学級とは、主に重症心身障害児の院内行事参加、入学前・卒業後のフォローアップなどで連携しています。