もの忘れ外来概要

もの忘れ外来について

高齢化に伴い、認知症患者の数は急速に増加しており、早期診断・早期対応が必要となっています。 地域にお住まいの認知症あるいはそれをご心配している方とご家族の方のお役にたてるよう「もの忘れ外来」を開設しました。

ひとくちに認知症といってもアルツハイマー病や脳血管性認知症だけでなく、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、嗜銀顆粒性認知症などあまり耳なじみのない病気が、実は高齢者の認知症のかなりの部分を占め、しかも治療法が異なることがわかってきました。

当院では、もの忘れが病的なものかどうか(早期発見・早期診断)し、どのようなタイプの認知症か(鑑別診断)を行い、定期的なフォローを行っていきます。

診察日

  時間 担当医
月曜日 午後 13時30分~ 高橋
水曜日 午前 9時00分~ 下田
金曜日 午前 9時00分~ 小西

※初回の診察では、2時間ほど診察に時間をいただくことがあります。ご了承ください。

予約方法

完全予約制とってなっております。

ご予約は、FAX・お電話・来院でもお受けしております。受診を希望される方は、地域医療連携室にご連絡ください。また、かかりつけ医がある方は、紹介状お持ち下さい。
詳細のご予約方法は、下記をご参照ください。

医療機関の方はこちら

受診を希望される方はこちら

診療に関するお問い合わせ・ご紹介
独立行政法人国立病院機構 鳥取医療センター 地域医療連携室
TEL.0857-59-1111(代表) FAX.0857-59-0713(直通)